出会いは身近な場所にある|社内恋愛を成功させるきっかけを徹底解剖

出会いは身近な場所に

運命の人と恋愛するために

ウーマン

結婚や恋人ができない大きな理由の一つに出会いがないことがあります。出会いを求めて街コンやパーティーなどに参加するのもいいですが、身近な場所である職場に目を向けてみましょう。社内恋愛はネガティブに捉えられがちですが、メリットもたくさんあります。社内恋愛になると、相手の仕事ぶりや生活態度をじっくり確認してから、お付き合いに発展することが多いのは大きなメリットです。お付き合い、結婚してからイメージと違うことが少ないからです。また社内恋愛だと、周りに知り合いが多くなるので、相手の行動が読めますので、浮気されることも少なくなります。男性で飲みにいく頻度が多くても、上司や部下だと安心していられます。見逃せないメリットとして、年収がある程度分かることもあります。生活設計をしていく上で、今の年収、今後の年収の予想が付くのは魅力的です。ただの同僚から社内恋愛に発展するきっかけは思っている以上にたくさんあります。新年会や忘年会、花見などもきっかけになります。飲み会だと相手の酒癖もわかります。社内旅行も大きなきっかけになります。社内旅行はプライベートなことを話しやすいですし、開放的になりますので、接近する大チャンスです。また、社内旅行はカジュアルな普段着で参加することになるので、相手のファッションセンスを確認することもできます。その他にも社内恋愛にはきっかけがたくさんあります。あなたの運命の人は身近にいるかもしれません。

好意のチェックをすること

足

近年になって女性が社会進出すると共に、会社や企業で男性と同じ職場で働く機会を得てきているのは喜ばしいことです。しかし仕事と恋愛は別物であるという考えを持っている男性は、意外と多く存在しています。これは職場によって社内恋愛を禁止あるいは、禁止まではしなくても歓迎していないという経営者サイドの考え方に迎合しているからでしょう。男性の多くは出世や昇進を望んでいるので、その影響力は計り知れませんがそれでもきっかけ次第で社内恋愛に陥ってしまうこともあります。同じ場所と時間を共有する職場の同僚同士なのですから、他の全く知り得ない他人よりはよほど近くに存在していることになるのです。ちょっとしたきっかけさえあれば、社内恋愛が始まるのはそんなに難しいことではありません。同じ仕事をする同僚の場合は、残業などを一緒にするといったことをきっかけとして交際に発展するケースが多いのです。しかし同じ社内にいても、同じ仕事を共にするとは限らないので他部署にいる場合の対処方法を記しておきます。まずは気になるあの人にさりげなく挨拶を交わすことで、自分をどう見ているかをチェックしてみましょう。挨拶しても無視されたり素っ気ない態度だったら、好意を持ってくれている可能性は低いのですが目を合わせて返事をしてくれるようだったら好意を持ってくれています。好意を持っていてくれているのが確かなら、次は相手の事をもっとリサーチすることですが情報収集がしやすいのも同じ社内にいる社内恋愛の醍醐味です。共通の友人などから趣味や好きな食べ物などを、聞き出しておくと良いきっかけ作りに役立てることができるでしょう。この時に情報収集のために友人に協力を求める必要があり、好意を持っていることがバレてしまうので口の堅い人を選んでください。

身近な出会い方

女性たち

近すぎて気づかないことは世の中にはたくさんあります。恋愛に関しては近くにいすぎて気づかないこともあるでしょう。同じ会社に勤めている場合、毎日顔を合わせますし、接する時間も長いので当たり前になりすぎてしまう部分もあります。しかし、あることがきっかけで急接近して、社内恋愛に発展する可能性も考えられます。また、気になる人が社内にいた場合、周りの目もありますから積極的にアプローチするのも難しいという場合もあるでしょう。きっかけを自分で作ることも大切です。自然に接近できるきっかけとしては飲み会や懇親会です。社内で定期的に開かれるものも多いですから、お酒の力を借りて親しくなっていくというのもきっかけになります。お酒に飲まれすぎて我を忘れてしまうような失態はNGですが、飲みの場ではある程度の無礼講も許される場合もありますし、仕事をしている時とは違う環境にもなれます。相手の意外な面を知ることもできるでしょう。そこから社内恋愛に発展するカップルも多いのです。また、社内の個人メールでアプローチするのも良いかもしれません。相手が口の軽い人だとほかの人にアプローチをしていることを知られてしまう場合もあるので注意が必要ですが、最初は仕事の相談などを個人的に行ったりと距離を縮めて接近していく方法もあります。社内恋愛を経てゴールインするカップルは世の中にたくさんいます。社内恋愛は相手の行動も把握できますし、プライベートと仕事、両方の時間を共に過ごすことができるというメリットもあります。